激安夏タイヤはブリジストン?ヨコハマ?それともファルケン?探せば見つかる好みのタイヤ

鬼の様に降り積もった雪もすっかり無くなりガソリンスタンド、家々の庭先ではスタッドレスタイヤから夏タイヤに交換をしている光景が目に付く季節になり、北海道にもようやく春が来た実感が沸いてきましたね。

激安夏タイヤ、格安夏タイヤの季節の到来です。

去年まで履いていた夏タイヤは今年も履けるか、溝は減っていないか・・・。気になりますね。なんせ夏タイヤを買い換えるとなると結構な出費になりますからね。

しかし、ケチって磨り減った夏タイヤを履いていると思わぬところでトラブルに遭いますのでご用心。

磨り減った夏タイヤが一番危険なのは雨の降り始め。約70kmから80kmのスピードでタイヤはアスファルトから離れて、水の膜の上を滑り始める。これがハイドロプレーニング現象。

ハイドロプレーニング現象とは車は猛スピードで水の上を滑って行くので制御が利かず、タイヤをロックしてもブレーキは利かない、ハンドルも利かない。

まるでスケートリンクを猛スピードで滑っている様な感じで行き先は車に聞いてくれって事になってしまうとても恐ろしい現象。

これが始まるとかなりの確立で大きな事故を起こしてしまう。勿論加害者として。それを回避するにはやはり新しいタイヤに入れ替えるしか対策は無いでしょう。

そうです、ケチるととんでもない事態を引き起こしてしまう可能性が高いのです。

そこで今年も探せば低予算で買える激安夏タイヤ、格安夏タイヤが有るはず。

激安夏タイヤ、格安夏タイヤだからと言って、聞いた事の無い三流メーカーのタイヤは履きたくない。命預ける夏タイヤはやっぱり国産の一流どころのメーカーを選びたい。

たとえばブリジストンタイヤ、ファルケン、ヨコハマタイヤ。

急がなければスタッドレスタイタが減ってしまう。

大至急、激安夏タイヤ、格安夏タイヤを買って履き替えよう。

夏タイヤに換えたばかりだが北海道の夏は短い。必要なタイヤは夏タイヤばかりじゃない!そろそろ冬タイヤの用意をしなくちゃね。今年のスタッドレスタイヤはどこのメーカーにする?

つるつるスタッドレスタイヤで真夏に事故を起こしそうになったドジな私。

新しい夏タイヤに換えて、すっかり安心しまくっていましたが、考えてみれば夏タイヤで一年中通せる訳じゃない。

冬には冬のタイヤを履かせなきゃそれこそ大事故ものだよ。

しかし次の冬に履くスタッドレスタイヤが有りません。

もう、タイヤで怖い思いをするのはいやですから、そろそろ冬タイヤの準備をしておかなくちゃね。

なんたって北海道の夏は短く、あっと言う間に秋が来て、またまた あっと言う間に冬が来るからね。

そこでまたまた

タイヤ 激安 札幌
タイヤ 激安 北海道
タイヤ 北海道 格安
中古タイヤ 札幌 格安
中古ホイール 北海道 格安
中古ホイール 札幌 激安
夏タイヤ 札幌 格安
格安 夏タイヤ 札幌
スタッドレスタイヤ
ets

などなどで検索。

好みのタイヤメーカーと、タイヤは決まっているので後は値段だね。

今から検索していけば必ず安いタイヤショップが見つかるはず。

とにかくタイヤは車の要です。

事故を起こす前に常に今履いてるタイヤと、安いタイヤショップをチェックしておきましょう。



タイヤ 激安 札幌、タイヤ 激安 北海道、格安 夏タイヤ 札幌・・・これが答えです。

やっぱり夏は夏タイヤ、冬はスタッドレスタイヤで走行しなきゃ駄目ですね。

そこで

タイヤ 激安 札幌
タイヤ 激安 北海道
タイヤ 北海道 格安
中古タイヤ 札幌 格安
中古ホイール 北海道 格安
中古ホイール 札幌 激安
夏タイヤ 札幌 格安
格安 夏タイヤ 札幌
スタッドレスタイヤ
ets

などのキーワードで検索をして激安のタイヤショップを見つけてタイヤ交換してきました。

実は今年は新しい夏タイヤを購入する予定は無かったのですが、こんな恐ろしい事があったのです。


4シーズン履いたスタッドレスタイヤ、かなり溝がすり減り、どうやら次の冬には役に立ちそうもない。

それならば、そのスタッドレスタイヤをそのまま夏タイヤの代わりとして履きつぶそうと思い、我慢して履き続けて来たがもうタイヤとして限界だったのです。

小雨で濡れた道路で、前方の信号が黄色から赤に変わったため、信号待ち停車をしようとブレーキを軽く踏んだらその瞬間とんでもない事が起きました。

急に車のテールが左に流れだしたのです。そうです、ハイドロプレーニングが起きたのです。

慌ててカウンターステアでハンドルを左に切りなんとか車体を立て直そうしましたが今度はテールが大きく右に流れ、またまたカウンターステアでハンドルを右に切る。

ようするに右へ左への蛇行運転。溝無しスタッドレスタイヤが水の上を滑っている状態で制御不能状態。

ようやく交差点の手前で180度スピンして対向車側の車線で停止。

後続車も無く信号も赤だったので対向車も無く、奇跡的に事故にはなりませんでしたが生きた心地はしませんでした。

それと恥ずかしさもあり、そのまま来た方向と逆の方向へ逃げるように走り去りました。

今回はたまたま事故にならなかったが、タイヤ代をケチったばかりに他人を事故に巻き込み、相手の生命財産に重大な事態をもたらすところでした。

貴方は大丈夫ですか?

安いタイヤショップ有りますよ。







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。